manapedia
蜻蛉日記原文全集「つくづくと思ひつづくることは」
著作名: 古典愛好家
7,206 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

つくづくと思ひつづくることは

つくづくと思ひつづくることは、なほいかで心ととく死にもしにしがなと思ふよりほかのこともなきを、ただこの一人ある人を思ふにぞ、いとかなしき。人となして、うしろやすからん女(め)などにあづけてこそ、死にも心やすからんとは思ひしか、いかなる心ちしてさすらへんずらんと思ふに、なほいと死にがたし。

「いかがはせん、かたちをかへて、世を思ひはなるやと心みん」


とかたらへば、まだふかくもあらぬなれど、いみじうさくりもよよと泣きて、

「さなりたまはば、まろも法師になりてこそあらめ、なにせんにかは世にもまじろはん」


とて、いみじくよよと泣けば、我もえせきあへねど、いみじさにたはぶれに言ひなさんとて、

「さて鷹飼(たかか)はでは、いかがし給はむずる」


といひたれば、やをら立ちはしりて、しすゑたる鷹をにぎりはなちつ。見る人も涙せきあへず。まして日くらしかなし。心ちにおぼゆるやう、

あらそへば思ひにわぶるあまぐもに まづそるたかぞかなしかりける

とぞ。

日くるるほどに、文(ふみ)みえたり。天下のそらごとならんと思へば、

「ただいま心ちあしくて、え今は」


とてやりつ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。