manapedia
蜻蛉日記原文全集「貞觀殿の御方はおととし尚侍になりたまひにき」
著作名: 古典愛好家
4,046 views
蜻蛉日記

貞觀殿の御方は、おととし尚侍になりたまひにき

貞觀殿の御方は、おととし尚侍(ないしのかみ)になりたまひにき。あやしく、かかる世をも問ひたまはぬは、このさるまじき御中のたがひにたれば、ここをもけうとくおぼすにやあらん、かくことのほかなるをもしり給はでとおもひて、御文たてまつるついでに、

ささがにのいまはとかぎるすぢにても かくてはしばしたえじとぞ思ふ

ときこえたり。返りごと、なにくれといとあはれにおほくのたまひて、

たえきともきくぞかなしきとし月を いかにかきこしくもならなくに


これをみるにも、見聞きたまひしかばなど思ふに、いみじく心ちまさりてながめ暮らすほどに、文あり。

「文物すれど、返りごともなくはしたなげにのみあめれば、つつましくてなん。今日もと思へども」


などぞあめる。これかれそそのかせば、返りごと書くほどに、日暮れぬ。まだ行きもつかじかしと思ふほどに、みえたる。人々

「なほあるやうあらん、つれなくてけしきを見よ」


などいへば、思ひかへしてのみあり。

「つつしむことのみあればこそあれ、さらに来じとなん我は思はぬ。人のけしきばみくせぐせしきをなん、あやしと思ふ」


など、うらなくけしきもなければ、けうとくおぼゆ。


つとめては、

「ものすべきことのあればなむ、今、あすあさてのほどにも」


などあるに、まこととは思はねど、思ひなほるにやあらんと思ふべし。もし、はたこのたびばかりにやあらんと心みるに、やうやうまた日かず過ぎゆく。さればよと思ふに、ありしよりもけにものぞかなしき。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。