manapedia
垂直2等分線の応用~円を描く~
著作名: OKボーイ
9,687 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

垂直2等分線の考えを用いて、次の問題を解いてみましょう。
三角形ABCのそれぞれの頂点を通る円を図示しなさい。

ALT


問題をより簡単に表すと、「点A、点B、点Cを含む円を描きなさい」となります。
ALT

適当に描くと上図のようになるのですが、この円を求めるには一体どうしたらよいでしょうか。
円の性質から考える

ここで円の性質について考えてみましょう。
円は、円の中心Oから同じ距離にある点の集合体のことです。
ということは、「OA=OB=OC」となるような点が、円の中心であることがわかります。(OA、OB、OCは円の半径にあたります。)
垂直2等分線から考える

ではまず、点Aと点Bから等距離にある点を探してみましょう。
2点から等距離にある点を探すためには、その2点を結んだ直線の垂直2等分線を求めればよかったですよね。垂直2等分線の描き方については各自復習をしておいてください。
今回の問題に当てはめると、次のようになります。
ALT


点Aと点Bを結ぶ直線の垂直2等分線を①としましょう。
続いて点Bと点Cを結ぶ直線BCの垂直2等分線を求めます。
ALT


点Bと点Cを結ぶ直線の垂直2等分線を②とします。
そして最後に、点Cと点Aを結ぶ直線CAの垂直2等分線です。
ALT


点Cと点Aを結ぶ直線の垂直2等分線を③とします。
このとき①、②、③は 不思議と1つの点で交わります。この点をO’としたときに
O’はABの垂直2等分線①上の点であることから、O’A=O’B
O’はBCの垂直2等分線①上の点であることから、O’B=O’C
O’はCAの垂直2等分線①上の点であることから、O’C=O’A
すなわち、このO’こそが3点A、B、Cから等しい距離にある点だと言えます。

ここでもう1度問題に振り返ってみましょう。
問題は、「点A、点B、点Cを含む円を描きなさい」でしたので、このO’を中心にして「OA=OB=OC」が半径となる円を描けばいいということになります。

A、B、Cから等しい距離にある点を求めるのではなく、円を描くのが目的ですので、ケアレスミスをしないようにしましょう。せっかくここまでできたのにもったいないですからね。
ALT


が答えとなります。
ちなみに今回は垂直2等分線を3本引きましたが、垂直2等分線を2本ひくだけで交点は求められます。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学数学