manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくながら廿余日になりぬる心ち」
著作名: 古典愛好家
1,970 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

かくながら廿余日になりぬる心ち

かくながら廿余日になりぬる心ち、せん方しらずあやしくおきどころなきを、いかですずしき方もやあると、心ものべがてら浜づらの方にはらへもせんと思ひて、唐崎へとてものす。寅のときばかりに出で立つに、月いとあかし。我がおなじやうなる人、またともに人ひとりばかりぞあれば、ただ三人のりて、馬にのりたる男ども七八人ばかりぞある。加茂川のほどにて、ほのぼのと明く。うち過ぎて山路になりて京にたがひたるさまを見るにも、このごろの心ちなればにやあらん、いとあはれなり。いはんや関にいたりてしばし車とどめて牛かひなどするに、むな車ひきつづけてあやしき木こりおろして、いとを暗き中よりくるも、心ちひきかへたるやうにおぼえていとをかし。

関の山路、あはれあはれとおぼえて、ゆくさきを見やりたれば、ゆくへもしらず見えわたりて、鳥の二三ゐたると見ゆるものを、しひて思へば、つりぶねなるべし、そこにてぞ、え涙はとどめずなりぬる。いふかひなき心だにかく思へば、ましてこと人はあはれと泣くなり。はしたなきまでおぼゆれば、目も見合はせられず。行くさきおほかるに、大津のいとものむつかしき屋どもの中に引き入りにけり。それもめづらかなる心地して行きすぐれば、はるばると浜に出でぬ。来(き)し方を見やれば、うみづらにならびて集まりたる屋どものまへに、舟どもを岸にならべ寄せつつあるぞいとをかしき。漕ぎゆきちがふ船どももあり。          





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。