manapedia
蜻蛉日記原文全集「八月になりぬ」
著作名: 古典愛好家
2,684 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

八月になりぬ

八月になりぬ。そのころ、小一条の左大臣の御とて、世にののしる。左衞門督(さえもんのかみ)の御屏風のことせらるるとて、えさるまじきたよりをはからひて、せめらるることあり。絵のところどころ書き出だしたるなり。いとしらじらしきこととて、あまたたびかへすを、せめてわりなくあれば、よひのほど、月見るあひだなどに、一つ二つなどおもひてものしけり。

人の家に賀したるところあり。

おほぞらをめぐる月日のいくかへり 今日ゆくすゑにあはんとすらん

旅ゆく人の、浜づらに馬とめて、千鳥のこゑきく所あり。

ひと声にやがてちどりときつつれば よよをつくさんかずもしられず

粟田山よりこまひく。そのわたりなる人の家に、ひきいれてみるところあり。

あまたとしこゆる山べにいへゐして つなひくこまもおもなれにけり

人の家のまへちかきいづみに、八月十五夜、月のかげうつりたるを、女どもみるほどに、垣の外(と)より大路にふえふきてゆく人あり。

雲居よりこちくのこゑをきくなべに さしくむばかりみゆる月かげ

田舍の家の前のはまづらに松原あり。鶴むれてあそぶ、

「ふたつ歌あるべし」


とあり。

なみかげのみやりにたてる小松原 こころをよすることぞあるらし

松のかげまさごのなかとたづぬるは なにのあかぬぞたづのむらどり

網代のかたあるところあり

あじろぎに心をよせてひをふれば あまたのよこそたびねしてけれ

浜辺に、漁火(いさりび)ともし、釣船などあるところあり。

いさり火もあまのうぶねものどけかれ いけるかひあるうらにきにけり

女車、もみぢ見けるついでに、また、もみぢおほかりける人の家にきたり。

よろづよをのべのあたりにすむ人は めぐるめぐるや秋をまつらん

など、あぢきなくあまたにさへしひなされて、これらが中に、漁火(いさりび)と群鳥(むらどり)とはとまりにけりときくに、ものし。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。