manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくあるほどに、ここちはいささか人ごこちすれど」
著作名: 古典愛好家
3,188 views
蜻蛉日記

かくあるほどに、ここちはいささか人ごこちすれど

かくあるほどに、ここちはいささか人ごこちすれど、廿余日のほどに、

「御嶽に」


とていそぎ立つ。をさなき人も、

「御ともに」


とてものすれば、とかく出だしたててぞ、その日のくれにぞ我れももとのところなど修理(すり)しはてつればわたる。ともなるべき人など、さしおきてければ、さてわたりぬ。それより、さかりうしろめたき人をさへ添へてしかば、いかにいかにと念じつつ、七月一日の日のあかつきにきて、

「ただいまなんかへりたまへる」


などかたる。ここは、ほどいととほくなりにたれば、しばしはありきなどもかたかりなんかしなど思ふに、昼つ方、なへぐなへぐと見えたりしは、なにとにかありけむ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。