manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくはかなながら年たちかへるあしたにはなりにけり」
著作名: 古典愛好家
3,063 views
蜻蛉日記

かくはかなながら、年たちかへるあしたにはなりにけり

かくはかなながら、年たちかへるあしたにはなりにけり。年ごろ、あやしく、世の人のする言忌(こといみ)などもせぬところなればや、かうはあらんと、とくおきてゐざり出づるままに、

「いづら、ここに人々今年だにいかで言忌(こといみ)などして世の中こころみん」


といふをききて、はらからとおぼしき人、まだふしながら

「物きこゆ。あめつちをふくろにゐひて」


と誦(ず)するに、いとをかしくなりて、

「さらに身には、三十日三十夜(みそかみそよ)は我がもとに、といはむ」


といへば、まへなる人々わらひて、

「いとおもふやうなることにも侍るかな。 おなじくはこれをかかせたまひて、殿にやはたてまつらせ給はぬ」


といふに、ふしたりつる人もおきて、

「いとよきことなり。天下(てんげ)のえほうにもまさらん」


などわらふわらふいへば、さながらかきて、ちゐさき人し てたてまつれたれば、このごろ時の世の中人にて、人はいみじくおほくまゐりこみたり。内裏(うち)へもとくとて、いとさはがしげなりけれど、かくぞある。今年は五月二つあればなるべし。

年ごとにあまればこふる君がため うるふ月をばおくにやあるらん

とあれば、祝ゐそしつと思ふ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。