manapedia
蜻蛉日記原文全集「落忌のまうけありければ」
著作名: 古典愛好家
2,655 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

落忌のまうけありければ

落忌(としみ)のまうけありければ、とかうものするほど、川のあなたには、按察使(あぜち)の大納言の領じ給ふところありける。

「このごろの網代(あじろ)御覧ずとて、ここになんものし給ふ」


といふ人あれば、

「かうてありと聞き給べからんを、まうでこそすべかりけれ」


などさだむるほどに、もみぢのいとをかしき枝に、雉(きじ)、氷魚(ひを)などをつけて、

「かうものし給ふとききて、もろともにとおもふも、あやしう物なき日にこそあれ」


とあり。御かへり、

「ここにおはしましけるを、ただ今さぶらひ、かしこまりは」


などいひて、単衣(ひとへ)ぎぬぬぎてかづく。さながらさし渡りぬめり。また鯉、すずきなどしきりにあめり。あるすき者ども、酔ひあつまりて

「いみじかりつるものかな。御車の月の輪のほどの、日にあたりてみえつるは」


ともいふめり。車の後(しり)のかたに花、もみぢなどやさしたりけん、家の子とおぼしき人、

「ちかう花さき、実なるまでなりにける日ごろよ」


といふ なれば、後(しり)なる人も、とかくいらへなどするほどに、あなたへ舟にてみなさしわたる。

「論なう酔はむものぞ」


とて、みな酒のむ者どもをえりて、率(ゐ)てわたる。川のかたに車むかへ、榻(しぢ)立てさせて、二舟にてこぎわたる。さて酔ひまどひ、歌ひかへるままに、

「御車かけよ、かけよ」


とののしれば、こうじていとわびしきに、いとくるしうて来(き)ぬ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。