manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて今しばしもあらばやと思へど」
著作名: 古典愛好家
3,006 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

かくて今しばしもあらばやと思へど

かくて、今しばしもあらばやと思へど、明くればののしりて出だし立つ。かへさは、しのぶれどここかしこあるじしつつとどむれば、ものさわがしうてすぎゆく。三日といふに京につきぬべけれど、いたう暮れぬとて、山城の国、久世(くぜ)の屯倉(みやけ)といふところにとまりぬ。いみじうむづかしけれど、夜に入りぬれば、ただ明くるをまつ。

まだ暗きよりいけば、黒みたる者の調度おひてはしらせて来(く)。ややとほくより下りて、ついひざまづきたり。見れば、随身(ずゐじん)なりけり。

「なにぞ」


とこれかれ問へば、

「きのふの酉(とり)のときばかりに宇治の院におはしましつきて、「かへらせ給ひぬやと、まゐれ」と、おほせごとはべりつればなん」


といふ。さきなる男ども、

「とう促せや」


などおこなふ。宇治の川によるほど、霧は来しかた見えず立ちわたりて、いとおぼつかなし。車かきおろして、こちたくとかくするほどに、人声おほくて、

「御車おろし立てよ」


とののしる。霧の下より、例の網代(あじろ)も見えたり。いふかたなくをかし。みづからは、あなたにあるなるべし。まづ、かくか書きてわたす。

人ごころうぢのあじろにたまさかに よるひをだにもたづねけるかな

舟の岸にきよするほどに、かへし、

かへるひを心のうちにかぞへつつ たれによりてかあじろをもとふ

見るほどに、車かきすゑて、ののしりてさしわたす。いとやんごとなきにはあらねど、いやしからぬ家の子ども、何のぞうの君などいふものども、轅(ながえ)、鴟尾(とみのお)のなかに入りこみて、日の脚のわづかに見えて、霧ところどころにはれゆく。あなたの岸に家の子、衛府の住(すけ)など、かいつれてみおこせたり。中に立てる人も、旅立ちて狩衣なり。岸のいとたかきところに舟をよせて、わりなうただあげにになひあぐ。轅(ながえ)を板敷にひきかけて立てたり。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。