manapedia
蜻蛉日記原文全集「それより立ちて行きもて行けば」
著作名: 古典愛好家
1,635 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

それより立ちて行きもて行けば

それより立ちて、行きもて行けば、なでふことなき道も、山ふかき心ちすればいとあはれに、水のこゑも例ににず、霧は道まで立ちわたり、木の葉はいろいろに見えたり。水は石がちなる中よりわきかへりゆく。夕日のさしたるさまなどを見るに、涙もとどまらず。道はことにをかしくもあらざりつ。もみぢもまだし、花もみな失せにたり、枯れたるすすきばかりぞ見えつる。ここはいと心とに見ゆれば、簾まきあげて、下簾(したすだれ)おしはさみて見れば、着なやしたる物の色も、あらぬやうに見ゆ。うすいろなる薄物の裳を引きかくれば、腰などちりゐて、こがれたる朽葉(くちば)に合ひたる心ちもいとをかしうおぼゆ。かたゐどもの坏(つき)、鍋(なべ)などすゑてをるもいとかなし。下衆近なる心ちして、入り劣りしてぞおぼゆる。ねぶりもせられず、いそがしからねば、つくづくと聞けば、目も見えぬもののいみじげにしもあらぬが、思ひけることどもを、人や聞くらんとも思はずのゝしり申すを聞くもあはれにて、ただ涙のみぞこぼるる。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。