manapedia
蜻蛉日記原文全集「五月に帝の御服ぬぎにまかでたまふに」
著作名: 古典愛好家
2,252 views
蜻蛉日記

五月に帝の御服ぬぎにまかでたまふに

五月に帝の御服ぬぎにまかでたまふに、さきのごと、

「こなたに」


などあるを、

「夢にものしく見えし」


などいひて、あなたにまかでたまへり。さてしばしば夢のさとしありければ、

「違ふるわざもがな」


とて、七月、月のいとあかきに、かくの給へり。

みしゆめをちがへわびぬるあきのよぞ ねがたきものと思ひしりぬる

御かへり、

さもこそはちがふるゆめはかたからめ あはでほどふるみさへうきかな

たちかへり、

あふとみしゆめになかなかくらされて なごりこひしくさめぬなりけり

との給へれば、又、

ことたゆるうつつやなにぞなかなかに ゆめはかよひぢありといふものを

又、

「ことたゆるはなにごとぞ。あなまがまがし」


とて、

かはとみてゆかぬこころをながむれば いとどゆゆしくいひやはつべき

とある御かへり、

わたらねばをちかた人になれるみを 心ばかりはふちせやはわく

となん、夜ひとよいひける。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。