manapedia
蜻蛉日記原文全集「この御方、東宮の御親のごとして候ひ給へば」
著作名: 古典愛好家
2,493 views
蜻蛉日記

この御方、東宮の御親のごとして候ひ給へば

この御方、東宮の御親のごとして候ひ給へば、まゐり給ひぬべし。

「かうてや」


など、たびたび

「しばしば」


との給へば、宵のほどにまゐりたり。時しもこそあれ、あなたに人の声すれば、

「そそ」


などの給ふに、聞きも入れねば、

「よひまどひし給ふやうにきこゆるを、論なうむづかられ給は、はや」


との給へば、

「乳母(めのと)なくとも」


とて、しぶしぶなるに、者あゆみ来てきこえたてば、のどかならで帰りぬ。


又の日の暮れにまゐり給ひぬ。          
                                      


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。