manapedia
蜻蛉日記原文全集「三月にもなりぬ」
著作名: 古典愛好家
6,827 views
蜻蛉日記

三月にもなりぬ

三月にもなりぬ。客人(まらうど)の御方にとおぼしかりける文を持てたがへたり。見れば、なほしもあらで、

「近きほどにまゐらんと思へど、「われならで」と思ふ人やはべらんとて」


などかいたり。年ごろ見給ひなれにたれば、かうもあるなめりと思ふに、猶もあらで、いとちひさく書いつく。

まつ山のさしこえてしもあらじよを われによそへてさわぐなみかな

とて、

「あの御方に持てまゐれ」


とて、かへしつ。見給ひてければ、すなはち御かへりあり。

まつしまの風にしたがふなみなれば よるかたにこそたちまさりけれ   
                                      



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。