manapedia
蜻蛉日記原文全集「御四十九日はてて」
著作名: 古典愛好家
2,259 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

御四十九日はてて

御四十九日はてて、七月になりぬ。上に候ひし兵衞の佐、まだ年もわかく、思ふ事ありげもなきに、親をも妻(め)をもうちすてて、山にはひのぼりて法師になりにけり。

「あないみじ」


とののしり、

「あはれ」


といふほどに、妻(め)はまた尼になりぬときく。さきざきなども文かよはしなどする中にて、いとあはれにあさましき事をとぶらふ。

おくやまの思ひやりだにかなしきに またあまぐものかかるなになり

手はさながらか返りごとしたり。
 
山ふかく入りにし人もたづぬれど なほあまぐものよそにこそなれ

とあるも、いとかなし。


かかる世に、中將にや三位にやなど、よろこびをしきりたる人は、

「ところどころなる、いとさわが繁ればあしきを、近うさりぬべき所いできたり」


とて、わたして乗物なきほどにはひわたるほどなれば、人は思ふやうなりと思ふべかめり。しも月なかのほどなり。しはすつごもりがたに、貞観殿の御方、この西なる方にまかで給へり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。