manapedia
a>1のときの対数関数y=logₐxのグラフ
著作名: ふぇるまー
11,606 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

対数関数のグラフ




のことを、aを底とする対数関数といいます。
ここでは、"a>1"のときの対数関数のグラフの書き方についてみていきます。

わかりやすくするために、具体的に数値を入れて、



を例にみていきましょう。
まず、対数を指数の形に改めてみます。



これがわからない人は、指数を対数の形に変形する方法を復習しておきましょう。



にいくつか数値を入れてみましょう。

<y=−2のとき>


<y=−1のとき>


<y=0のとき>


<y=1のとき>


<y=2のとき>


<y=3のとき>


このように、yに様々な数値を入れたときに算出されたxの値をまとめたのが次の表です。

y−2−1
x1/41/2


これらの点を座標上にとって線で結ぶと、次のようなグラフになります。

ALT


これが、a>1のときの対数関数の基本形です。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II