manapedia
蜻蛉日記原文全集「またおなじつごもりに」
著作名: 古典愛好家
1,705 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

またおなじつごもりに

またおなじつごもりに、ある所に、おなじやうにてまうでけり。二はさみづつ、下のに、

神やせくしもにやみくづつもるらん 思ふこころのゆかぬみたらし

又、

さかきばのときはかきはにゆふしでや かたくるしなるめなみせそ神

また、上(かみ)のに

いつしかもいつしかもとぞまちわたる もりのこまよりひかりみむまを

また、

ゆふだすきむすぼぼれつつなげくこと たえなばかみのしるしとおもはん

などなん、神の聞かぬところに、聞こえごちける。秋はてて、冬はついたちつごもりとて、あしきもよきもさわぐめるものなれば、ひとり寝のやうにてすぐしつ。

三月つごもりがたに、かりの卵(こ)の見ゆるを、

「これを十づつかさぬるわざを、いかでせん」


とて、手まさぐりに、生絹(すずし)の糸を長うむすびて、一つむすびては結ひ、結ひしてひきたてたれば、いとようかさなりたり。

「なほあるよりは」


とて、九條殿女御殿御方にたてまつる。卯の花にぞつけたる。なにごともなく、ただ例の御ふみにて、はしに、

「この十かさなりたるは、かうてもはべりぬべかりけり」


とのみきこえたる御かへり、

かずしらずおもふ心にくらぶれば とをかさぬるもものとやは見る

とあれば、御かへり

おもふほどしらではかひやあらざらん かへすがへすもかずをこそみめ

それより五の宮になんたてまつれ給ふときく。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。