manapedia
蜻蛉日記原文全集「心のどかに暮らす日」
著作名: 古典愛好家
16,394 views
蜻蛉日記

心のどかに暮らす日

心のどかに暮らす日、はかなきこといひいひのはてに、われも人もあしういひなりて、うち怨じて出づるになりぬ。端の方にあゆみ出でて、をさなき人をよび出でて、

「われはいまは来(こ)じとす」


などといひおきて出でにける。すなはち、はひいりて、おどろおどろしう泣く。

「こはなぞ、こはなぞ」


といへど、いらへもせで、論なうさやうにぞあらんとおしはからるれど、人のきかむもうたてものぐるほしければ、問ひさして、とかうこしらへてあるに、五六日ばかりになりぬるに、音もせず。例ならぬほどになりぬれば、あなものぐるほし、たはぶれごととこそ我はおもひしか、はかなき仲なればかくてやむやうもありなんかしと思へば、心ぼそうてながむるほどに、出でし日つかひしゆするつきの水は、さながらありけり。うへに塵ゐてあり。かくまでとあさましう、

たえぬるかかげだにあらばとふべきを かたみのみづはみくさゐにけり

など思ひし日しも、見えたり。例のごとにてやみにけり。かやうに胸つぶらはしきをりのみあるが、世に心ゆるびなきなん、わびしかりける。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。