manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて人にくからぬさまにて」
著作名: 古典愛好家
2,992 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

かくて人にくからぬさまにて

かくて人にくからぬさまにて、十といひて一つ二つの年はあまりにけり。されど、あけくれ世中の、人のやうならぬを嘆きつつ、つきせず過ぐすなりけり。それもことわり、身のあるやうは、夜とても人の見えおこたる時は、人すくなに心ぼそう、いまはひとりをたのむたのもし人は、この十余年のほど県(あがた)ありきにのみあり、たまさかに京なるほども四五條のほどなりければ、われは左近の馬場を片岸にしたれば、いとはるかなり。かかるところも、もとよりつくろひかかはる人もなければ、いとあしくのみなりゆく。これをつれなく出で入りするは、ことに心ぼそう思ふらんなど、ふかうおもひよらぬなめりなど、千種に思ひみだる。ことしげしといふは何か、この荒れたる宿のよもぎよりも繁げなりと思ひながむるに、八月ばかりになりにけり。 




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。