manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてあまたある中にも」
著作名: 古典愛好家
3,522 views
蜻蛉日記

かくてあまたある中にも

かくて、あまたある中にも、たのもしきものに思ふ人、この夏よりとほくものしぬべきことのあるを、

「服(ぶく)はてて」


とありつれば、このごろ出でたちなんとす。これを思ふに、心ぼそしと思ふにもおろかなり。今はとて出でたつ日、わたりて見る。裝束ひとくだりばかり、はかなき物など、硯箱ひとよろひにいれて、いみじうさわがしうののしりみちたれど、我もゆく人も目も見あはせずただむかひゐて涙をせきかねつつ、みな人は、

「など」、


「念ぜさせ給へ」、


「いみじういむなり」


などぞいふ。されば車にのりはてんを見むはいみじからんと思ふに、家より

「とくわたりね。ここにものしたり」


とあれば、車よせさせてのるほどに、ゆく人は二藍(ふたい)の小袿(こうちぎ)なり、とまるはただ薄物の赤朽葉(あかくちば)をきたるを、ぬぎかへてわかれぬ。九月十余日のほどなり。家にきても、

「などかく、まがまがしく」


と、とがむるまでいみじう泣かる。







このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。