manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて寺へものせしとき」
著作名: 古典愛好家
2,317 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

さて寺へものせしとき

さて、寺へものせしとき、とかうとりみだりしものども、つれづれなるままにしたたむれば、あけくれとりつかひし物の具なども、又、書きおきたるふみなどみるに、絶え入る心ちぞする。よはくなり給ひしとき、戒(い)むことうけ給ひし日、ある大徳の袈裟(けさ)をひきかけたりしままに、やがてけがらひにしかば、ものの中よりいまぞ見つけたる。これやりてむとまだしきに起きて、

「この御袈裟(けさ)」


と書きはじむるより、涙にくらされて、

「これゆゑに

はちすばのたまとなるらんむすぶにも そでぬれまさるけさのつゆかな


と書きてやりつ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。