manapedia
蜻蛉日記原文全集「里にもいそがねど」
著作名: 古典愛好家
3,022 views
蜻蛉日記

里にもいそがねど

里にもいそがねど、心にしまかせねば、今日(けふ)、みな出でたつ日になりぬ。来(こ)しときは、膝にふし給へりし人を、いかでやすらかにと思ひつつ、わが身は汗になりつつ、さりともと思ふ心そひてたのもしかりき。こたみは、いと安らかにてあさましきまでくつろかに乗られたるにも、道すがらいみじうかなし。下りてみるにも、さらに物おぼえずかなし。もろともに出でゐつつ、つくろはせし草なども、わづらひしよりはじめてうちすてたりければ、おひこりていろいろにさきみだれたり。わざとのことなども、みなおのがとりどりすれば、我はただつれづれとながめのみして、

「ひとむらすすき虫の音の」


とのみぞいはるる。

てふれねどはなはさかりになりにけり とどめおきける露にかかりて

などぞおぼゆる。

これかれぞ、殿上などもせねば、けがらひも一つにしなしためれば、おのがじじひきつぼねなどしつつあめるなかに、我のみぞまぎるることなくて、夜は念仏の声ききはじむるよりやがて泣きのみ明かさる。四十九日のこと、たれも欠くことなくて家にてぞする。わがしる人、おほかたのことを行ひためれば、人々おほくさしあひたり。わが心ざしには、仏をぞかかせたる。その日すぎぬれば、みなおのがじじ行きあかれぬ。ましてわが心ちは心ぼそうなりまさりて、いとどやるかたなく、人は、かう心ぼそげなるを思ひて、ありしよりはしげうかよふ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。