manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくてとかう物することなど」
著作名: 古典愛好家
4,228 views
蜻蛉日記

かくて、とかう物することなど

かくて、とかう物することなど、いたづく人おほくて、みなしはてつ。今はいとあはれなる山寺につどひて、つれづれとあり。夜、目もあはぬままになげき明かしつつ、山づらをみれば、霧はげにふもとをこめたり。京も、げに誰がもとへかは出でむとすらん、いで、なほここながら死なんと思へど、生くる人ぞいとつらきや。

かくて十余日になりぬ。僧ども念仏(ねぶつ)のひまにものがたりするを聞けば、

「このなくなりぬる人の、あらに見ゆる所なんある、さて近くよれば、きえ失せぬなり。遠うては見ゆなり」、


「いづれのくにとかや」、


「みみらくの島となむいふなる」


など、口々かたるを聞くに、いと知らまほしうかなしうおぼえて、かくぞいはるる。

ありとだによそにてもみむなにしおはば われにきかせよみみらくの山

といふを、兄(せうと)なる人ききて、それもなくなく、

いづことかおとにのみきくみみらくの しまがくれにし人をたづねん

かくてあるほどに、立ちながらものして、日々に訪(と)ふめれど、ただいまは何心もなきに、

「けがらひの心もとなきこと、おぼつかなきこと」


など、むつかしきまで書きつづけてあれど、物おぼえざりしほどのことなればにや、おぼえず。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。