manapedia
わかりやすい指数・累乗根の大小の比較[底をそろえることができない場合]
著作名: ふぇるまー
26,443 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

指数の大小比較

ここでは、指数の大小比較の中でも、底をそろえることができない場合の問題についてみていきます。指数の大小比較を学習するのが初めての人は、わかりやすい指数・累乗根の大小の比較[底をそろえることができる場合]を先に読んでください。

問題1

"√2"と"√3"の大小を、不等号を用いて表しなさい。


底が2と3なので、これをそろえることはできません。このような場合は、

両辺を○○乗してルート記号をはずしてから大小比較を行います。


両辺を2乗すると。

(√2)²=2

(√3)²=3


2<3なので、√2と√3の大小関係も"√2<√3"となります。
これを応用した問題をみてみましょう。

"³√2"と"⁴√5"の大小を不等号を用いて表しなさい。


今度は簡単に2乗することはできなさそうですね。
こんなときはどうしたら良いでしょうか。

"³√2"と"√5"
赤文字で示した部分の最小公倍数の数を使う


3と4の最小公倍数は12なので、2つの数字を12乗してみます。





"2⁴"と"5³"の大きさを比較すると、"2⁴<5³"なので、もとの数の大小は、

³√2<⁴√5

であることがわかります。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II