manapedia
対数の性質公式の証明[logaM/N=logaM−logaN]
著作名: ふぇるまー
19,634 views
対数の性質

logを含んだ式を計算するために覚えておく公式が3つありました。
ここではそのうちの1つ、

a>0、a≠1、M>0のとき


の証明をしてみましょう。

対数の性質の証明




とします。このlogを含んだ式を指数の形にしてみましょう。




となります。ここで「M÷N」を計算してみます。




という指数法則より、

 ー①

少し文字が増えてきたので、わかりやすくするために、




と置き換えてみましょう。①式は



と置き換える事ができますね。今度はこの式を、logを含んだ形に変形します。

 ー②





なので②式は、



ここで最初に




とおいたことを思い出しましょう。



が成り立つことがわかりますよね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II