manapedia
蜻蛉日記原文全集「かかるほどに祓のほどもすぎぬらん」
著作名: 古典愛好家
3,089 views
蜻蛉日記

かかるほどに、祓のほどもすぎぬらん

かかるほどに、祓(はらへ)のほどもすぎぬらん、七夕はあすばかりと思ふ。忌も四十日ばかりになりにたり。日ごろなやましうてしはぶきなどいたうせらるるを、物怪(もののけ)にやあらん、加持(かぢ)もこころみむ、狭ばきどころのわりなく暑きころなるを、例もものする山寺へのぼる。 十五六日になりぬれば、盆などするほどになりにけり。見れば、あやしきさまに荷なひいただき、さまざまにいそぎつつ集まるを、もろともに見てあはれがりもわらひもす。さて心ちもことなることなくて、忌みもすぎぬれば京にいでぬ。秋冬はかなうすぎぬ。
       
 

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。