manapedia
蜻蛉日記原文全集「雨間に例の通ひどころにものしたる日」
著作名: 古典愛好家
2,190 views
蜻蛉日記

雨間に例の通ひどころにものしたる日

雨間に例の通ひどころにものしたる日、例の御ふみあり。

「「おはせず」といへど、「なほ」とのみ給ふ」


とて、入れたるを見れば、

とこなつにこひしきことやなぐさむと きみがかきほにをるとしらずや

さてもかひなければ、まかりぬる」


とぞある。

さて二日ばかりありて見えたれば、

「これ、さてなんありし」


とて見すれば、

「ほどへにければ、便なし」


とて、ただ

「このごろは仰(おほ)せごともなきこと」


と聞こえられたれば、かくのたまへる、

みづまさりうらもなぎさのころなれば ちどりのあとをふみはまどふか

とこそ見つれ。うらみ給ふがわりなさ。「みづから」とあるはまことか」


と、女手にかき給へり。おとこの手にてこそくるしけれ、

うらがくれみることかたきあとならば しほひをまたんからきわざかな

又、宮、

うらもなくふみやるあとをわたつうみの しほのひるまもなににかはせん

とこそ思ひつれ、ことざまにもはた」


とあり。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。