manapedia
蜻蛉日記原文全集「雨間に例の通ひどころにものしたる日」
著作名: 古典愛好家
1,611 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

雨間に例の通ひどころにものしたる日

雨間に例の通ひどころにものしたる日、例の御ふみあり。

「「おはせず」といへど、「なほ」とのみ給ふ」


とて、入れたるを見れば、

とこなつにこひしきことやなぐさむと きみがかきほにをるとしらずや

さてもかひなければ、まかりぬる」


とぞある。

さて二日ばかりありて見えたれば、

「これ、さてなんありし」


とて見すれば、

「ほどへにければ、便なし」


とて、ただ

「このごろは仰(おほ)せごともなきこと」


と聞こえられたれば、かくのたまへる、

みづまさりうらもなぎさのころなれば ちどりのあとをふみはまどふか

とこそ見つれ。うらみ給ふがわりなさ。「みづから」とあるはまことか」


と、女手にかき給へり。おとこの手にてこそくるしけれ、

うらがくれみることかたきあとならば しほひをまたんからきわざかな

又、宮、

うらもなくふみやるあとをわたつうみの しほのひるまもなににかはせん

とこそ思ひつれ、ことざまにもはた」


とあり。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。