manapedia
蜻蛉日記原文全集「そのころ五月廿よ日ばかりより」
著作名: 古典愛好家
2,253 views
蜻蛉日記

そのころ、五月廿よ日ばかりより

そのころ、五月廿よ日ばかりより、四十五日の忌みたがへむとて、県(あがた)ありきのところにわたりたるに、宮、ただ垣をへだてたるところにわたり給ひてあるに、六月(みなづき)ばかりかけて、雨いたうふりたるに、たれもふり籠(こ)められたるなるべし、こなたには、あやしきところなれば、漏り濡るるさわぎをするに、かくの給へるぞいとどものくるほしき。

つれづれのながめのうちにそそぐらん ことのすぢこそをかしかりけれ

御かへり、

いづこにもながめのそそぐころなれば よにふる人はのどけからじを

又、のたまへり。

「のどけからじとか、

あめのしたさわぐころしもおほみづに たれもこひぢにぬれざらめやは


御かへり、

よとともにかつみる人のこひぢをも ほすよあらじとおもひこそやれ

又、宮より、

しかもゐぬきみぞぬるらんつねにすむところにはまだこひぢだになし

「さもけしからぬ御さまかな」


などいひつつ、もろともに見る。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。