manapedia
対数とは[対数のわかりやすい説明]
著作名: ふぇるまー
80,982 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

対数

新しく対数について勉強します。教科書には、

a>0、a≠1、M>0のとき


と書いてあるかと思いますが、これだけだとちょっと何を言っているのかわからないですよね。そこで、"log"に訳をつけて読んでみることにしましょう。



これは、日本語に訳すると、「aを何乗したらMになりますか?」と言っています。何乗すればよいかがわかっている場合は、

 ー①

とします。これは、「aをp乗するとMになります」という意味です。「aをp乗するとMになります」は、

 ー②

で表すこともできますよね。このために、①と②は同じ、つまり



となります。では具体的な数字の入った問題を解いてみましょう。

問題

次の対数の値を求めなさい


「2を何乗したら"8"になるかなー?」と考えます。3乗ですね。




次の対数の値を求めなさい


「2を何乗したら"1/4"になるかなー?」と考えます。−2乗ですね。
わからない人は、指数の法則を思い出しましょう。




次の対数の値を求めなさい


最後はちょっとややこしいですが、同じように、「10を何乗したら"√1000"になるかなー?」と考えます。"√1000"は、累乗根の公式を用いて



と変形することができます。つまり、"√1000"は、10を"3/2乗"した数だとわかります。




何をやっているかわからなかった人は、対数ではなく指数の法則累乗根の公式がわかっていない可能性があります。思い当たる人は、対数の学習に進む前に指数、累乗根をもう1度復習しておきましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II