manapedia
蜻蛉日記原文全集「例のほどにものしたれど」
著作名: 古典愛好家
1,547 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

例のほどにものしたれど

例のほどにものしたれど、そなたにも出でずなどあればゐわづらひて、この文ばかりを取りて帰りにけり。さてかれよりかくぞある。

をりそめし ときのもみぢの さだめなく うつろふいろは さのみこそ あふあきごとに つねならめ なげきのしたの  このはには いとどいひおく はつしもに ふかきいろにや なりにけん おもふおもひの たえもせず いつしかまつの みどりごを ゆきてはみむと するがなる たごのうらなみ たちよれど ふじのやまべの けぶりには ふすぶることの たえもせず あまぐもとのみ たなびけば たえぬわがみは しらいとの まひくるほどを おもはじと あまたの人の せかすれば みははしたかの すずろにて なつくるやどの なければぞ ふるすにかへる まにまには とひくることの ありしかば ひとりふすまの とこにして ねざめの月の まきのとに ひかりのこさず もりてくる かげだにみえず ありしより うとむ心ぞ つきそめし たれかよづまと あかしけん いかなるつみの おもきぞと いふはこれこそ つみならし 今日はあぶくまの あひもみで かからぬ人に かかれかし なにのいはきの みならねば おもふこころも いさめぬに うらのはまゆふ いくかさね へだてはてつる からごろも なみだのかはに そぼつとも 思ひしいでば たきものの 籠(こ)のめばかりは かはきなん かひなきことは かひのくに へみのみまきに あるるむまを いかでか人は かけとめんと おもふものから たらちねの おやとしるらん かたかひの こまやこひつつ いなかせんと おもふばかりぞ あはれなるべき


とか。つかひあれば、かくものす。

なつくべきひともはなてばみちのくの むまやかぎりにならんとすらん

いかが思ひけん、たちかへり、

われがなをおぶちのこまのあればこそ なづくにつかぬみともしられめ

かへし、また、

こまうげになりまさりつつなづけぬを こなはたえずぞたのみきにける

又、かへし、

しらかはのせきのせけばやこまうくて あまたの日をばひきわたりつる
 
あさてばかりは逢阪」


とぞある。時は七月五日のことなり。ながき物忌みにさしこもりたるほどに、かくありし返りごとには、

あまのかはなぬかをちぎる心あらば ほしあひばかりのかげをみよとや

ことわりにもや思ひけん、すこし心をとめたるやうにて、月ごろになりゆく。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。