manapedia
蜻蛉日記原文全集「前栽の花いろいろにさきみだれたるを」
著作名: 古典愛好家
3,290 views
蜻蛉日記

前栽の花いろいろにさきみだれたるを

前栽の花いろいろにさきみだれたるを見やりて、ふしながらかくぞいはるる。かたみにうらむるさまのことどもあるべし。

ももくさにみだれてみゆる花のいろ はただしらつゆのおくにやあるらん

とうちいひたれば、かくいふ。

みのあきをおもひみだるる花の上の つゆのこころはいへばさらなり

などいひて、例のつれなうなりぬ。寝待ちの月の山の端いづるほどに、出でむとする気色あり。さらでもありぬべき夜かなと思ふ気色や見えけむ、

「とまりぬべきことあらば」


などいへど、さしもおぼえねば

いかがせん山のはにだにとどまらで こころもそらにいでむ月をば

かへし、

ひさかたのそらにこころのいづといへば かげはそこにもとまるべきかな

とて、とどまりにけり。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。