manapedia
蜻蛉日記原文全集「いかなるをりにかあらん」
著作名: 古典愛好家
3,312 views
蜻蛉日記

いかなるをりにかあらん

いかなるをりにかあらん、文(ふみ)ぞある。

「まゐり来(こ)まほしけれどつつましうてなん。たしかに来(こ)とあらば、おづおづも」


とあり。かへりごともすまじと思ふも、これかれ

「いとなさけなし。あまりなり」


などものすれば、

ほにいでていはじやさらにおほよその なびくをばなにまかせてもみむ

たちかへり、

ほにいでばまづなびきなんはなすすき こちてふかぜのふかむまにまに

使ひあれば、

あらしのみふくめるやどにはなすすき ほにいでたりとかひやなからん

などよろしういひなして、又見えたり。





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。