manapedia
蜻蛉日記原文全集「七月になりて相撲のころ」
著作名: 古典愛好家
2,434 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

七月になりて相撲(すまひ)のころ

七月になりて相撲(すまひ)のころ、ふるきあたらしきと一くだりづつひき包みて、

「これ、せさせ給へ」


とてはあるものか。見るに目くるるここちぞする。古体(こたい)の人は、

「あないとほし。かしこには、えつかうまつらずこそはあらめ」


なま心ある人などさし集まりて、

「すずろはしや、えせでわろからんをだにこそ聞かめ」


などさだめて、返しやりつるもしるく、ここかしこになん持て散りてすると聞く。かしこにもいとなさけなしとにやあらん、二十余日おとづれもなし。                



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。