manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくて絶えたるほど」
著作名: 古典愛好家
3,625 views
蜻蛉日記

かくて絶えたるほど

かくて絶えたるほど、わが家は内裏(うち)よりまゐりまかづる道にしもあれば、夜中あか月とうちしはぶきてうちわたるも、聞かじと思へども、うちとけたる寝(い)もねられず、夜ながうして眠ることなければ、さななりと見聞く心地はなににかはにたる。今はいかで見聞かずだにありにしがなとおもふに、昔すきごとせし人も、

「今はおはせずとか」


など、人につきて聞こえごつをきくをものしうのみおぼゆれば、日ぐれはかなしうのみおぼゆ。
                  
                 
              

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。