manapedia
三角関数sin(θ+π/2)=1/√2[角度の部分が複雑な方程式の計算問題]
著作名: ふぇるまー
4,992 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

三角関数の方程式

ここでは、



のような、角度の部分が複雑な三角関数の方程式の解き方をみていきます。

問題

"0≦θ<2π"の範囲において、次の方程式を満たすθの値を求めなさい。


解法へのポイント

()の中が複雑な方程式が出題されたら、とにかく、()の中の角度をAと置き換えることを意識しましょう。




()の中の"θ+π/2"を、"θ+π/2=A"と置き換えて考えてみます。すると



とスッキリし、簡単そうに見えますよね。
なぜAと置き換えるかというと、計算を簡単にするためです。以前、因数分解の問題で、"x⁴-16"を因数分解するときに使った手法と同じです。

"x⁴-16"では計算が面倒くさそうなので、x²をAとして

x⁴-16
=A²−16
=(A+4)(A-4)
=(x²+4)(x²-4)
=(x²+4)(x+2)(x-2)

と解いたのを覚えていますか?
式を簡単に解くための工夫ですね。

解答



"0≦θ<2π"なのでAの範囲は

となります。この範囲で式を満たすAの値は、次の2つです。




Aの値が出たからといってここで安心してはいけません。
求めなければならないのはθの値です。



なので、



この2つの式を解くと、




が求める答えとなります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II