manapedia
蜻蛉日記原文全集「かくありきつつ絶えずはくれども」
著作名: 古典愛好家
2,435 views
蜻蛉日記

かくありきつつ絶えずはくれども

かくありきつつ絶えずはくれども、心のとくる世なきに、あれまさりつつ、来ては気色あしければ、

「たふるるにたち山」


とたちかへるときもあり。ちかきとなりに心ばへしれる人、出づるにあはせてかくいへり。

もしほやくけぶりのそらにたちぬるは ふすべやしつるくゆるおもひに

など、隣さかしらするまでふすべかはして、このごろはことと久しう見えず。
                
                  
                   
                

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。