manapedia
蜻蛉日記原文全集「これより、夕さりつかた」
著作名: 古典愛好家
7,406 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

これより、夕さりつかた

これより、夕さりつかた、

「内裏の方ふたがりけり」


とて出づるに、心えで人をつけて見すれば、

「町の小路なるそこそこになん、とまり給ひぬ」


とて来たり。さればよと、いみじう心うしと思へども、いはんやうも知らであるほどに、二三日ばかりありて、あか月がたに門をたたくときあり。さなめりと思ふに、憂くてあけさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。つとめて、なほもあらじと思ひて、

なげきつつひとりぬるよのあくるまは いかにひさしきものとかはしる

と、例よりはひきつくろひて書きて、うつろひたる菊にさしたり。かへりごと、

「あくるまでもこころみむとしつれど、とみなる召使ひの来(き)あひたりつればなん、いとことわりなりつるは。

げにやげにふゆのよならぬまきのとも おそくあくるはわびしかりけり


さてもいとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。しばしはしのびたるさまに、

「内裏に」


などいひつつぞあるべきを、いとどしう心づきなく思ふことぞかぎりなきや。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。