manapedia
蜻蛉日記原文全集「師走になりぬ」
著作名: 古典愛好家
9,900 views
蜻蛉日記

師走になりぬ

師走になりぬ。横川にものすることありて登りぬる人、

「雪にふりこめられて、いとあはれに恋しきことおほくなん」


とあるにつけて、

こほるらんよがはのみづにふるゆきも わがごときえてものはおもはじ

などいひて、その年はかな暮れぬ。


正月ばかりに、二三日見えぬほどに、ものへわたらんとて

「人来ば、とらせよ」


とて、書きおきたる、

しられねば身をうぐひすのふりいでつる なきてこそゆけのにも山にも

かへりごとあり

うぐひすのあだにでゆかんやまべにも なくこゑきかばたづぬばかりぞ

などいふうちよりなほもあらぬことありて、春夏なやみくらして八月つごもりにとかうものしつ。そのほどの心ばへはしもねんごろなるやうなりけり。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。