manapedia
蜻蛉日記原文全集「時はいとあはれなるほどなり」
著作名: 古典愛好家
3,718 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

蜻蛉日記

時はいとあはれなるほどなり

時はいとあはれなるほどなり。人はまだ見なるといふべきほどにもあらず、見ゆるごとにたださしぐめるにのみあり。いと心細くかなしきこと、ものに似ず。見る人もいとあはれに、忘るまじきさまにのみ語らふめれど、人のこころはそれにしたがふべきかはと思へば、ただひとへにかなしう心ぼそきことをのみ思う。いまはとてみな出で立つ日になりて、ゆく人もせきあへぬまであり、とまる人、はたまいていふかたなくかなしきに、

「時たがひぬる」


といふまでもえ出でやらず、又、ここなる硯に文(ふみ)をおしまきてうちいれて、又ほろほろとうち泣きて出でぬ。しばしは見む心もなし。見出ではてぬるに、ためらひて、寄りてなにごとぞと見れば、

きみをのみたのむたびなる心には ゆくすゑとほくおもほゆるかな

とぞある。見るべき人見よとなめりとさへ思ふに、いみじうかなしうて、ありつるやうにおきて、とばかりあるほどにものしためり。目も見あはせず思ひいりてあれば

「などか、世のつねのことにこそあれ。いとかうしもあるは、われをたのまぬなめり」


などもあへしらひ、硯なる文を見つけて、

「あはれ」


といひて、門出のところに、

われをのみたのむといへばゆくすゑの まつのちぎりもきてこそはみめ

となん。かくて日のふるままに旅のそらをおもひやる心地、いとあはれなるに、人の心もいとたのもしげには見えずなんありける。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。