manapedia
蜻蛉日記原文全集「さて、あはつけかりしすきごとどもの」
著作名: 古典愛好家
7,376 views
蜻蛉日記

さて、あはつけかりしすきごとどもの

さて、あはつけかりしすきごとどものそれはそれとして、柏木のこだかきわたりより、かくいはせんと思ふことありけり。例の人は案内するたより、もしはなま女などしていはすることこそあれ、これはをやとおぼしき人にたはぶれにもまめやかにもほのめかししに、

「便なきこと」


といひつるをも知らず顔に、馬にはひのりたる人してうちたたかす。

「誰」


などいはするにはおぼつかなからず、さわいだれば、もてわづらひとり入れて持てさわぐ。見れば紙なども例のやうにもあらず、いたらぬところなしと聞きふるしたる手も、あらじとおぼゆるまであしければ、いとぞあやしき。ありけることは

おとにのみきけばかなしなほととぎす ことかたらはんとおもふこころあり

とばかりぞある。

「いかに。かへりごとはすべくやある」


などさだむるほどに、古体なる人ありて、

「なほ」


とかしこまりて書かすれば

かたらはん人なきさとにほととぎす かひなかるべきこゑなふるしそ



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。