manapedia
円と直線の共有点の個数のまとめ
著作名: ふぇるまー
3,919 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

円と直線の共有点の個数

円:x²+y²=r² ー①
直線:lx+my+n=0 ー②

①と②の共有点について考えてみます。
①と②を連立させてyを消去した式を、"ax²+bx+c=0"とします。



ここまでがよくわからない人は、具体的に式に数字をいれて考えてみましょう。

x²+y²=25² (x²+y²=r²)
x−y+1=0 (lx+my+n=0)

として、この2つを連立してyを消去した式が

"x²+x−12=0" (ax²+bx+c=0)

です。


"ax²+bx+c=0"の判別式をDとしたとき、そのDの値によって共有点の個数が変わります。

D=b²−4ac>0のとき

D=b²−4ac>0のとき、異なる2つの点で交わる
ALT



D=b²−4ac=0のとき

D=b²−4ac=0のとき、直線は円に接する
そして共有点は1つ
ALT



D=b²−4ac<0のとき

D=b²−4ac>0のとき、円と直線は交わらない。
共有点なし。
ALT





このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II