manapedia
円の方程式"x²+y²+lx+my+n=0"が表す図形
著作名: ふぇるまー
13,752 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

"x²+y²+lx+my+n=0"が表す図形

"x²+y²−4x−2y+1=0"がどのような図形を表すか考えてみましょう


"x²+y²−4x−2y+1=0"を変形すると

x²+y²−4x−2y+1=0
"x²−4x+4−4+y²−2y+1−1+1=0"

平方の形が作れるように、赤の部分を式に追加します。
すると

(x−2)²+(y−1)²−4=0
(x−2)²+(y−1)²=2²

つまり"x²+y²−4x−2y+1=0"は、点(2、1)を中心とする半径2の円だとわかります。このように"x²+y²+lx+my+n=0"の形をした方程式は、変形して"(x−a)²+(y−b)²=r²"とすることで、どのような図形を表すかを調べることができます。

練習問題

次の方程式がどのような図形を表すか答えなさい。
(1) x²+y²+2x−6y−6=0
(2) x²+y²+2x−6y+10=0


(1) x²+y²+2x−6y−6=0

"x²+y²+2x−6y−6=0"を平方を含む形に変形します。

x²+y²+2x−6y−6=0
x²+2x+1−1+y²−6y+9−9−6=0
(x+1)²+(y−3)²−16=0
(x+1)²+(y−3)²=4²

以上から"x²+y²+2x−6y−6=0"は点(−1,3)を中心とする半径4の円

(2) x²+y²+2x−6y+10=0

"x²+y²+2x−6y+10=0"を平方を含む形に変形します。

x²+y²+2x−6y+10=0
x²+2x+1−1+y²−6y+9−9+10=0
(x+1)²+(y−3)²=0

あれ、半径が0となってしまいました。
このような場合は、中心の点の値をみて、点(−1,3)を表すとします。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II