manapedia
更級日記 原文全集「世中に、とにかくに心のみつくすに」
著作名: 古典愛好家
3,225 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

世中に、とにかくに心のみつくすに

世中に、とにかくに心のみつくすに、宮仕へとても、もとは、ひとすぢに仕うまつりつかばやいかがあらむ、時々たち出でば、なになるべくもなかめり。年はややさだ過ぎゆくに、若々しきやうなるも、つきなうおぼえならるるうちに、身の病いと重くなりて、心にまかせて物詣でなどせしことも、えせずなりたれば、わくらばの立ちいでも絶えて、ながらふべき心地もせぬままに、おさなき人々を、いかにもいかにも、わがあらむ世に見をくこともがな、とふしおき思ひなげき、たのむ人の喜びのほどを、心もとなく待ちなげかるるに、秋になりて、まちいでたるやうなれど、思ひしにはあらず、いと本意なくくちをし。親のをりよりたちかへりつつ見しあづま路よりは、ちかきやうにきこゆれば、いかがはせむにて、ほどもなく下るべきことどもいそぐに、門出は、むすめなる人のあたらしくわたりたる所に、八月十余日にす。のちのことは知らず、そのほどのありさまは、ものさはがしきまで人多く、いきほひたり。


廿七日に下るに、をとこなるはそひて下る。紅のうちたるに、萩の襖(あを)、紫苑の織物の指貫着て、太刀はきて、しりにたちて歩み出づるを、それも、織物の青鈍色(あをにびいろ)の指貫、狩衣着て、廊のほどにて馬にのりぬ。ののしりみちて下りぬるのち、こよなうつれづれなれど、いといたう遠きほどならずときけば、さきざきのやうに、心細くなどはおぼえであるに、送りの人々、またの日かへりて、

「いみじうきらきらしうて下りぬ」


などいひて、

「この暁に、いみじくおほきなる人魂のたちて、京ざまへなむ来(き)ぬる」


と語れど、供の人などのこそは、と思ふ。ゆゆしきさまに思ひだによらむやは。






このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。