manapedia
更級日記 原文全集「さるべきやうありて秋ごろ和泉にくだるに」
著作名: 古典愛好家
3,270 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

さるべきやうありて、秋ごろ、和泉にくだるに

さるべきやうありて、秋頃和泉に下るに、淀といふよりして、道のほどのをかしうあはれなること、いひつくすべうもあらず。高浜といふ所にとまりたる夜、いと暗きに、夜いたうふけて、舟の楫のをときこゆ。問ふなれば、遊女(あそび)のきたるなりけり。人々興じて、舟にさしつけさせたり。遠き火のひかりに、単衣の袖ながやかに、扇さしかくして、歌うたひたる、いとあはれに見ゆ。


またの日、山の端に日のかかるほど、住吉の浦をすぐ。空もひとつに霧りわれたる、松の梢も、海のおもても、浪のよせくるなぎさのほども、絵にかきても及ぶべき方なう、おもしろし。

  いかにいひ何にたとへてかたらまし 秋の夕の住吉の浦

と見つつ、綱手をひきすぐるほど、かへりみのみせられて、あかずおぼゆ。


冬になりて、のぼるに、大津といふ浦に舟ののりたるに、その夜、雨風、岩もうごくばかりふりふぶきて、神さへなりてとどろくに、浪のたちくるをとなひ、風のふきまどひたるさま、おそろしげなること、命かぎりつと思ひまどはる。丘の上に舟をひきあげて、夜を明かす。雨は止みたれど、風なほふきて、舟出ださず。行方もなき丘のうえに、五六日とすぐす。からうじて風いささか止みたるほど、舟の簾(すだれ)まきあげて見わたせば、夕潮ただ満ちに満ちくるさま、とりもあへず、入江のたづの声おしまぬも、をかしく見ゆ。
国の人々集まりきて、

「その夜、この浦を出でさせ給ひて、石津につかせ給へらましかば、やがてこの御舟なごりなくなりなまし」


などいふ、心細うきこゆ。

  荒るる海に風より先に舟出して 石津の浪ときえなましかば



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。