manapedia
ウィーン体制(正統主義、勢力均衡、神聖同盟、五国同盟など) 受験対策問題 70
著作名: レキシントン
14,185 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ALT

ウィーン体制で押さえておきたいポイント

※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。

ナポレオン戦争後のヨーロッパ

1814年9月~1815年6月にかけて、フランス革命ナポレオン戦争により荒廃したヨーロッパの秩序を再建するため、ウィーン会議が開かれた。会議には、メッテルニヒ(墺)、カッスルレー(英)、タレーラン(仏)、アレクサンドル1世(露)、ハルデンベルク(普)らが参加し、メッテルニヒが主導し、会議が進められた。

・ウィーン会議は、フランス外相タレーランが唱えた正統主義勢力均衡などを基本原則としたが、ヨーロッパ各国は自国の利益を優先したため会議は紛糾し、「会議は踊る、されど進まず」と風刺された。しかし、1815年2月にナポレオンがエルバ島を脱出し、皇帝に復位すると各国は妥協点を模索しはじめ、ワーテルローの戦いの直前にウィーン議定書が成立した。

1815年6月に調印されたウィーン議定書では、ブルボン朝復活や以下の領土変更が決まった。

(1)フランス・スペイン・ナポリでブルボン朝が復位。
(2)ローマ教皇領復活
(3)サルディーニャがサヴォイア・ジェノヴァを獲得。
(4)ロシア皇帝を王とするポーランド王国が成立。
(5)プロイセンがザクセンの一部とライン川左岸を獲得。
(6)35の君主国・4つの自由市からなるドイツ連邦が成立。
(7)イギリスがオランダからセイロン・ケープ植民地・マルタ島を獲得。
(8)オランダが南ネーデルラント(ベルギー)を獲得。
(9)オーストリアがイタリアのロンバルディア・ヴェネツィアを獲得。
(10)スウェーデンがフィンランドをロシアに、西ポンメルンをプロイセンに割譲し、代償としてノルウェーを獲得。
(11)スイスを永世中立国とする。

神聖同盟・五国同盟の成立

・ウィーン体制の維持を目的に、1815年9月にロシア皇帝アレクサンドル1世が提唱し、神聖同盟が成立した。神聖同盟はキリスト教精神に基づく君主間の盟約で、イギリス・オスマン帝国・ローマ教皇以外の全ヨーロッパの君主が参加した。

・1815年11月には、イギリス・ロシア・オーストリア・プロイセンの間に、軍事・政治的同盟として四国同盟が成立した。1818年にはフランスの参加が認められ、五国同盟となり、ウィーン体制を強化した。

ナショナリズム・自由主義運動の高揚

・ウィーン体制は、ナポレオンによってヨーロッパ各地に広がったナショナリズム自由主義運動を抑圧する体制であったため、ヨーロッパ各地で抵抗運動が起きた。

・ドイツでは、1815年にイエナでブルシェンシャフトという学生組合ができ、ドイツの各大学に広まった。1817年、ドイツ宗教改革300年祭をきっかけにヴァルトブルクの森で大規模な集会が開かれたが、1819年、メッテルニヒ主導のもとカールスバード決議がきまり、自由主義・国民主義運動の弾圧が行われた。

・イタリアでは、1820年から1821年にかけて秘密結社の[rカルボナリed]がナポリやピエモンテで革命運動を起こしたが、オーストリア軍の干渉で壊滅した。

・スペインでは、1820年にリェーゴが立憲君主制を求め反乱を起こし、国王フェルナンド7世に憲法制定を承認させたが、その後五国同盟の干渉を受け抑圧された。

・ロシアでは、反動的なニコライ1世の即位に反対した青年将校たちが憲法制定・ツァーリズム廃止・農奴制廃止を求め1925年11月にデカブリストの乱を起こしたが、皇帝側に鎮圧された。

・こうした抵抗運動はヨーロッパ各地で度々おこったが、ウィーン体制を維持する勢力にことごとく潰された。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史