manapedia
更級日記 原文全集「初瀬詣で」其の一
著作名: 古典愛好家
6,128 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

初瀬詣で

そのかへる年の十月二十五日、大嘗会(だいじょうえ)の御禊(ごけい)とののしるに、初瀬の精進はじめて、その日、京をいづるに、さるべき人々、

「一代に一度の見物にて、田舎世界の人だに見るものを。月日おほかり、その日しも京をふりいでていかむも、いとものぐるほしく、ながれての物語ともなりぬべきことなり」


など、はらからなる人はいひはらだてど、児(ちご)どもの親なる人は、

「いかにもいかにも、心にこそあらめ」


とて、いふにしたがひて、いだしたつる心ばへもあはれなり。ともにゆく人々も、いといみじくものゆかしげなるは、いとほしけれど、

「物見て何にかはせむ。かかる折に詣でむ心ざしを、さりとも思しなむ。かならず仏の御しるしをみむ」


と思ひたちて、その暁に京をいづるに、二条の大路をしもわたりてゆくに、先に御灯明(みあかし)もたせ、ともの人々上えすがたなるを、そこら、桟敷(さじき)どもにうつるとて、いきちがふ馬も車も徒歩人も、

「あれはなぞ、あれはなぞ」


と、やすからずいひおどろき、あさみわらひ、あざけるものどももあり。

よしよりの兵衛の督(かみ)と申しし人の家の前をすぐれば、それ桟敷(さじき)へわたり給ふなるべし、門ひろうをしあけて、人々たてるが、

「あれは物詣で人なめりな。月日しもこそ世におほかれ」


とわらふなかに、いかなる心ある人にか、

「一時が目をこやして、なににかはせむ。いみじく思したちて、仏の御徳かならず見給ふべき人にこそあめれ。よしなしかし。物見で、かうこそ思ひたつべかりけれ」


とまめやかにいふ人、一人ぞある。

道、顕証ならぬさきにと、夜深ういでしかば、たちおくれたる人々もまち、いとおそろしう深き霧をも少しはるけむとて、法性寺の大門に立ち止まりたるに、田舎より物見にのぼるものども、水のながるるやうにぞ見ゆるや。すべて道もさりあへず、物の心しりげもなきあやしのわらはべまで、ひきよきて行きすぐるを、車を、驚きあさみたることかぎりなし。これらを見るに、げにいかにいでたちし道なり、ともおぼゆれど、ひたぶるに仏を念じたてまつりて、宇治の渡にゆきつきぬ。そこにも、なおほしもこなたざまにわたりするものども立ちこみたれば、舟の楫とりたるをのこども、舟をまつ人の数もしらぬに心おごりしたるけしきにて、袖をかいまくりて、顔にあてて、さおにおしかかりて、とみに舟もよせず、うそぶいて見まはし、いといみじうすみたるさまなり。無期(むご)にえわたらで、つくづくと見るに、紫の物語に、宇治の宮のむすめどものことあるを、いかなる所なれば、そこにしも住ませたるならむ、とゆかしく思ひし所ぞかし。げにをかしき所かなと思ひつつ、からうじて渡りて、殿の御領所の宇治殿を入りて見るにも、浮舟の女君の、かかる所にやありけむなど、まづ思ひ出でらる。


其の二

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。