manapedia
更級日記 原文全集「石山詣で」
著作名: 古典愛好家
3,765 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

石山詣で

いまは、昔のよしなし心もくやしかりけりとのみ思ひしりはて、親のものへゐて参りなどせでやみにしも、もどかしく思ひいでらるれば、いまはひとへに豊かなるいきほひになりて、双葉の人をも思ふさまにかしづきおほしたて、わが身もみくらの山につみあまるばかりにて、のちの世までのことをも思はむ、と思ひはげみて、霜月の二十余日、石山に参る。雪うち降りつつ、道のほどさへをかしきに、逢坂の関を見るにも、昔こえしも冬ぞかし、と思ひいでらるるに、そのほどしも、いと荒うふいたり。

  逢坂の関のせき風ふく声は 昔ききしにかはらざりけり 

関寺のいかめしうつくられたるを見るにも、そのをり、荒造りの御顔ばかり見られしをり思ひいでられて、年月のすぎにけるもいとあはれなり。打出の浜のほどなど、見しにもかはらず。暮れかかるほどにまうでつきて、湯屋におりて、御堂にのぼるに、人声もせず。山風おそろしうおぼえて、おこなひさして、うちまどろみたる夢に、

「中堂より、御香給はりぬ。とくかしこへ告げよ」


といふ人あるに、うちおどろきたれば、夢なりけりと思ふに、よきことならむかしと思ひて、おこなひあかす。またの日も、いみじく雪降りあれて、宮にかたらひきこゆる人の具し給へると、物語して心細さをなぐむ。三日さぶらひて、まかでぬ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。