manapedia
更級日記 原文全集「東にくだりし親」
著作名: 古典愛好家
2,539 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

東にくだりし親

東にくだりし親、からうじてのぼりて、西山なる所におちつきたれば、そこにみな渡りて見るに、いみじううれしきに、月のあかき、夜ひとよ、物語などして、

  かかる世もありけるものをかぎりとて 君に別れし秋はいかにぞ

といひたれば、いみじく泣きて、

  思ふことかなはずなぞといとひこし 命のほどもいまぞうれしき

これぞ別れの門出といひ知らせしほどのかなしさよりは、たいらかに待ちつけたるうれしさも限りなけれど、

「人の上にても見しに、老いおとろへて、世に出で交らひしは、をこがましく見えしかば、我はかくてとぢこもりぬべきぞ」


とのみ、のこりなげに世を思ひいふめるに、心細さたえず。


東は、野のはるばるとあるに、東の山ぎはは、比叡の山よりして、稲荷などいふ山まであらはに見えわたり、南は、双(ならび)の岡の松風、いと耳近う心細くきこえて、内には、いただきのもとまで、田といふものの、ひたひき鳴らす音など、田舎の心地していとをかしきに、月のあかき夜などは、いとおもしろきを眺めあかしくらすに、知りたりし人、里とをくなりて音もせず。たよりにつけて、

「何事かあらむ」


とつたふる人におどろきて、

  思ひ出でて人こそとはね山里の まがきの荻に秋風はふく

といひにやる。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。