manapedia
判別式を使って円と直線の交点の数を求める
著作名: OKボーイ
28,528 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

 …①
 …②

という円と直線があったときに、円と直線が異なる2点で交わるときのkの範囲を求めよという問題があるとします。今回はこれを一緒に解いていきましょう。
【解法】

まず注目すべきなのは、円と直線が異なる2つの点で交わるという点です。このことから判別式Dが0より大きい、すなわちD>0となるようにkの範囲を求めれば良いということになりますね。
判別式Dについてわからない方は、教科書や参考書などでの復習をお願いします。判別式の概念がわからなければこの類の問題は解けませんので、しっかりと基本をマスターしておいてくださいね。

②を①に代入すると

これを整理すると
となります。

これを判別式に当てはめるのならば
となりますので、この数値を判別式Dに代入をして



円と直線が異なる2点で交わるとき、判別式DはつねにD>0でなければならないので
となります。
これを解くと、
これが解です。

ポイントは、円と直線が異なる2点で交わるという条件を聞いて、判別式Dが頭に浮かぶかどうかということです。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学II