manapedia
更級日記 原文全集「かうて、つれづれとながむるに」
著作名: 古典愛好家
3,520 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

更級日記

かうて、つれづれとながむるに

かうて、つれづれとながむるに、などか物まうででもせざりけむ。母、いみじかりし古代の人にて、

「初瀬には、あなおそろし。奈良坂にて人にとられなば、いかがせむ。石山、関山こえていとおそろし。鞍馬は、さる山、ゐていでむ、いとおそろしや。親上りて、ともかくも」


と、さしはなちたる人のやうに、わづらはしがりて、わづかに清水にゐてこもりたり。それにも、例のくせは、まことしかべい事も思ひ申されず。彼岸のほどにて、いみじうさわがしう、おそろしきまでおぼえて、うちまどろみいりたるに、御帳の方の、いぬふせぎの内に、あをき織物の衣を着て、錦を頭にもかづき、足にもはいたる僧の、別当と思しきが寄り来て、

「行く先のあはれならむも知らず、さも、よしなし事をのみ」


とうちむつかりて、御帳の内に入りぬと見ても、うちおどろきても、

「かくなむ見えつる」


とも語らず、心にも思ひとどめで、まかでぬ。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。