manapedia
ヘロンの公式の証明と例題
著作名: ふぇるまー
26,579 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ヘロンの公式

三角形の面積を求める公式にヘロンの公式というものがあります。これまで

底辺×高さ÷2






と三角形の面積を求める公式をたくさん学んできましたが、数学Ⅰで学習する三角形の面積を求める公式は、これで最後になります。

ALT


図のような△ABCの面積をS、そして"a+b+c=2s"としたとき


これがヘロンの公式です。

ヘロンの公式の証明

ではこの公式を証明していきましょう。

ALT


△ABCにおいて、余弦定理より"a²=b²+c²−2b・c・cosA"なので

 ー①


続いてsin²A+cosA²=1"の公式より




これに①を代入すると












ここで"a+b+c=2s"とすると、

b+c−a=a+b+c−2a=2s−2a=2(s−a) ー②

a−b+c=a+b+c−2b=2s−2b=2(s−b) ー③

a+b−c=a+b+c−2c=2(s−c) ー④



に②、③、④を代入すると







0°<A<180°の範囲で、"sinA>0"なので



これを、サインを使って三角形の面積を求める公式に代入します。



これを整理すると



が成り立つことがわかります。ただしこの公式が成り立つのは、公式を導くときに仮定した、"a+b+c=2s"のときです。

練習問題

ALT


a=4、b=5、c=7の△ABCの面積Sを求めなさい。


ヘロンの公式を学習するまでは、例えば、余弦定理を用いてcosAの値を求め、そこからsin²A+cosA²=1"の公式を用いてsinAの値を出し、サインを使って三角形の面積を求める公式を使って三角形の面積を算出しました。

ヘロンの公式があれば、次のように計算できます。

"a+b+c=2s"としたとき
s=(4+5+7)÷2=8

ヘロンの公式より、△ABCの面積Sは、




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I